メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
広島原爆

被爆2カ月 写真36枚、ハワイで発見 友亡くした女性とともに「帰郷」

爆心地から260メートルの広島県商工経済会から撮影したパノラマ写真=ゲイル・ヨシカワさん提供の写真4枚を合成

 1945年8月6日の原爆投下から2~3カ月後、広島市中心部の様子を写した鮮明な写真36枚が米ハワイで見つかった。米軍が撮影した写真で、原爆開発計画にも関わった物理学者が持っていたという。爆心地付近を写した未知のカットが半数近くあり、米軍側の視点で建物を中心に被害状況に焦点をあてたものが多い。寄贈を受けた広島原爆資料館(広島市)は「画像が鮮明で破壊状況の検証に非常に役立つ」としている。【寺岡俊、小山美砂】

 資料館によると、寄贈したのはハワイ在住の日系女性、ゲイル・ヨシカワさん(49)。写真はハワイの私立…

この記事は有料記事です。

残り1469文字(全文1723文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです