メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

スターリンの葬送狂騒曲 恣意的な権力下の政治は独裁者の死でどうなるか

 スターリンといえば、ソ連共産党の書記長として権力をほしいままにした独裁者。反対派はもちろん反対派の疑いをかけられただけの人でも収容所に送られ、あるいは粛清された。民族移動から農業集団化まで、スターリンの蛮行はおびただしい数に上ります。これは、そのスターリンが死んだ後のソ連指導部をブラックなユーモアで描いた作品です。

 最初から笑わせます。モーツァルトのピアノ協奏曲が演奏されたばかりのコンサートホールにスターリンから…

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1666文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです