メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

「『憲法教』に毒されず」 「誤解」余地ない毀損の言葉

松尾貴史さん作

 稲田朋美元防衛大臣がツイッターを始めて、1週間たたないうちに「炎上騒ぎ」が起きたそうだ。私はこのネット上の炎上自体は、何らかの評価を与えるに値しない現象だと考えるけれど、その元になったつぶやきというものは絶対に看過してはならない問題発言だ。

 それは、「日本会議中野支部で『安倍総理を勝手に応援する草の根の会』が開催され、私も応援弁士として参加しました。支部長は大先輩の内野経一郎弁護士。法曹界にありながら憲法教という新興宗教に毒されず安倍総理を応援してくださっていることに感謝!」というもので、こんなことを書く人物がついこの間まで日本の国防のトップに据えられていたということが恐ろしい。

 そもそも国会議員は、憲法99条によって憲法を尊重し擁護する義務が定められている。稲田氏の言動は、完…

この記事は有料記事です。

残り1084文字(全文1428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです