メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島

原爆投下前の町並みをVRで再現 福山工の生徒ら

広島県立福山工高が仮想現実(VR)で再現した、原爆で破壊される前の広島市細工町(現中区)の町並み。左の2階建ての建物は爆心直下にあった島病院=広島県立福山工高計算技術研究部提供

 「1発の原爆で生活を失う怖さと、復興のすごさ」を体感で伝えようと、広島県立福山工高(福山市野上町3)の計算技術研究部が、爆心直下にあった広島市細工町(現中区)の原爆投下前の町並みをバーチャルリアリティー(VR=仮想現実)で再現した。2016年から写真や絵はがきなどを基に開発し、被爆者らに繰り返し見てもらい、「生活感を感じられる町並み」を目指した。再現作業を通して、生徒たちは「原爆についてより深く理解することができた。だからこそ伝えていきたい」と話す。【松井勇人】

 完成したVRは、上空約600メートルで原爆がさく裂した島病院(現島内科医院)を中心に南北約600メートルを自由に巡ることができる。病院の中庭や旧広島郵便局の1階を見学できるほか、元安川で遊んだという証言から階段を下りて川の中に入ることもできる。全天球カメラで撮影した現在の町並みが映し出されるスポットが7カ所あり、再現VRと現実の映像を比較することも可能だ。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「後任指名はできない仕組み」と反論 学術会議の梶田会長ら初の記者会見

  2. 大阪市財政局、4分割コスト増の試算撤回 市長、厳重注意で 都構想巡り

  3. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』急きょ当日収録 矢部浩之「扱えないアウトもある」

  4. 本紙報道に維新「誤報」 衆院代表質問 大阪市4分割コスト

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです