ロシア

択捉島に戦闘機配備か 領土問題でけん制も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【モスクワ大前仁】ロシア極東サハリンのメディア「サハリン・インフォ」は3日、ロシア空軍のスホイ35S戦闘機が北方領土の択捉島にあるヤースヌィ空港に試験配備されたと報じた。ロシア軍は近年、北方領土での軍事力整備に取り組んでおり、その一環とみられる。

 空港は2014年に民間施設として開港したが、今年1月に軍民共用とする政令が出された。サハリン・インフォが掲載した画像には戦…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

あわせて読みたい

ニュース特集