メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米イラン制裁

欧州、個別除外がカギ 元英財務相

 【ロンドン矢野純一】英国イラン商工会議所の会頭で元英財務相のノーマン・ラモント氏が取材に応じた。米国の対イラン制裁を恐れた欧州企業がイランから撤退するなど、「既に大きな影響を受けている」と強調し、欧州各国は今後、米国に対して個別に制裁の適用除外を求めていくとの見通しを示した。

 ラモント氏は、欧州側が制裁の除外適用を求めていたイランとの取引のうち「医薬品の輸出が人道的物資との理由で除外適用になった」と明かした。欧州側は、イランが保有するエアバスなど航空機の部品などの扱いも「運航の安全性が脅かされる」と…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです