メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨人

岡本20号、4番の証し 3年で1本から飛躍

 ○巨人6-4中日●(4日、ナゴヤドーム)

 巨人の4番・岡本が今季20本塁打の大台に到達する先制2ランで、その力を見せつけた。

 一回2死一塁。マウンドは1週間前の東京ドームで巨人を完封した中日・小笠原。カウント2-2からの外角の速球は見送ればボールだったが、「食らいつくことだけを考えて」バットを振った。ライナー性の打球は右翼ポール際に飛び込んだ。

 今季の飛躍の要因となっている、形を崩されない打撃を第2打席でも見せた。同点の三回1死三塁、8球粘った後、111キロのカーブにしっかりと合わせ中前適時打。「得点に貢献できる場面。打てて良かった」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです