メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/223 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

 五メートルほど先の左手に建つ立派な写真館が、タケシの目に飛びこんできた。鉄筋コンクリート造りで頑丈そうだ。両開きのガラス扉の取っ手は真鍮(しんちゅう)製で、人の手がふれるところだけぴかぴかに光っている。四角く張りだした入口のひさしは五十センチほどの奥行しかないが、コンクリート製だ。

「焼夷(しょうい)弾がきます。あそこの写真館に避難しましょう」

 タケシがそういうと同時に、直邦が空を見あげて叫んだ。

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです