メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

このごろ通信

根生いの地について 水原涼(作家)

 鳥取出身の小説家は数えるほどしかいない。小説を好んで読むようになって改めて感じたのは、鳥取を舞台にした作品の少なさだ。その数は、東京はもちろん、他の地方都市とも比べものにならない。舞台やテーマは著者の自由だし、彼らにとって他の土地に追求すべき題材があったということだろう。だとしても、自分が少年期を過ごした街の風景に、何冊本を読んでも出会えないのはどこか寂しい。

 根生(ねお)いの地、という表現にはじめて触れたのは、二〇一二年に北海道立文学館で開かれた「李恢成(りかいせい)の文学 根生いの地から朝鮮半島・世界へ」という展覧会だった。作家本人による講演で彼は、自分という人間は樺太・真岡と札幌で生まれ育ち、北海道を離れた今もそれらの土地に根を張って小説を書き続けている、というようなことを言っていた。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです