メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 お盆の時期になると先人をしのぶ気持ちになる。まず、昨年7月21日に79歳で亡くなった平尾昌晃を思い浮かべる。

 東京・新宿生まれ、神奈川・湘南育ち、慶応高校時代にジャズを学び、ロカビリー歌手としてスターに。結核療養した1960年代末に作曲家に転向、歌謡曲を中心に、演歌、アニソンまで幅広いヒットを生み出した。舶来感漂うおしゃれっぽさが育ちの良さを物語る。そんな平尾の作品集「平尾昌晃の軌跡~エンターテイナーの全て」(キング)が発売された。「ダイアナ」「君はわが運命」など洋楽カバー▽「ミヨちゃん」「星は何でも知っている」などオリジナル▽「霧の摩周湖」「夜空」などセルフカバー▽布施明「愛の園」、アン・ルイス「グッド・バイ・マイ・ラブ」、山口百恵「赤い絆」--など、オリジナル歌手に…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文850文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良のシカでけが、最多 8割が外国人 “鹿せんべいで写真”じらされ攻撃的に
  2. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
  3. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. フィリピンではしか猛威 136人死亡、拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです