メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆の日

父の悲しみ、語り継ぐ 「伸ちゃんの三輪車」遺族 被爆2世として決意

原爆資料館に展示されている、伸一ちゃんが原爆投下時に乗っていた三輪車=広島市中区で2018年8月1日、山田尚弘撮影

 73年前の8月6日、人類史上初めて原爆が投下された広島は、一瞬にして街が、人の営みが消えた。最愛の家族を失った悲しみを胸にしまい、あの日を語らなかった人。水を求める負傷者を助けられず生涯悔やみ続けた人--。被爆者が次々と世を去る中、その姿を見てきた2世や次世代の子供たちは託された思いを受け継ぎ、核兵器のない世界に向けて一歩を踏み出すと誓った。

 毎朝小さな地蔵に手を合わせる父の背中が、日常の風景だった。広島市中区の原爆資料館で多くの来館者の心…

この記事は有料記事です。

残り1081文字(全文1304文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです