メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 凜(りん)とした笛の音で85歳まで舞台を務めた能楽笛方の帆足正規さん。今年、三回忌を迎えた。訃報を知らせる記事は小さかった。「葬儀は故人の遺志で行わない」と記された1行は、母親と妹を空襲で失ったからであった。

 73年前のきょう、阪神間に最後の大空襲があり、家は全焼した。犠牲になった母と妹をむしろに包んで縄で結わえ、河原の花を供えて葬送とした。まだ10代の半…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです