メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンパンジー

「ニイニ」がベッド自作、成長の証し 飼育下の誕生個体初 母親まねる環境整え 京都市動物園 /京都

枝葉を折り曲げたり、編み込んだりしてベッドを作るチンパンジーのニイニ=2017年11月10日、京都市動物園提供

 京都市動物園(同市左京区)で半世紀ぶりに誕生したチンパンジーの雄「ニイニ」が5歳になり、木の枝葉を編み込んだふかふかのベッドを作るようになった。野生のチンパンジーは高さ20メートル超の樹上にベッドをこしらえるが、飼育下で生まれたチンパンジーができるようになったのは日本で初めてという。【南陽子】

 ニイニの母親「コイコ」は1977年ごろにアフリカで生まれ、日本が野生生物の国際取引に関するワシントン条約を80年に批准する前に取引され、東京都や熊本県の研究施設で育った。本来の群れではごく幼い時期しか過ごしていないが、ベッドを作れることは熊本で観察されていた。その子のニイニにも可能かどうか、市動物園生き物・学び・研究センターの山梨裕美主任研究員らが探っていた。

 コイコは2009年に同園に移り、13年2月にニイニを出産。14年9月、1歳7カ月のニイニが周りに草などを置いてベッドを意識するような行動を見せ始めたことから研究が始まった。

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 金正恩委員長「委任統治論」の矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです