メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おおさかの市民パワー

大阪みどりのトラスト協会 多様な森、湿地守る 能勢・三草山、和泉葛城山で活動 /大阪

 <環境・資源><子ども・教育>

 大阪の北部で能勢町の山や湿地、南部では和泉葛城山(岸和田市・貝塚市)を主な舞台に、大阪に残る貴重な自然を守る活動をしているのが、大阪みどりのトラスト協会だ。

 ハイキングコースにもなっている能勢町の三草山(標高564メートル)の森には、オスの翅(はね)が緑や青に輝く「ゼフィルス」と呼ばれる小型のチョウたちが飛び交う。ゼフィルスは、シジミチョウのうちミドリシジミの仲間の愛称。国内に25種いるが、三草山には10種がいる。生息には幼虫の餌となるクヌギ、コナラ、ナラガシワの存在が欠かせない。

 そこでトラスト協会は1992~93年、約14ヘクタールの土地を借りて地上権を設定し、森を守っている…

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1347文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. リーチ主将「とても感動した」 開幕戦勝利の日本代表が一夜明け会見 ラグビーW杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです