メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おおさかの市民パワー

大阪みどりのトラスト協会 多様な森、湿地守る 能勢・三草山、和泉葛城山で活動 /大阪

 <環境・資源><子ども・教育>

 大阪の北部で能勢町の山や湿地、南部では和泉葛城山(岸和田市・貝塚市)を主な舞台に、大阪に残る貴重な自然を守る活動をしているのが、大阪みどりのトラスト協会だ。

 ハイキングコースにもなっている能勢町の三草山(標高564メートル)の森には、オスの翅(はね)が緑や青に輝く「ゼフィルス」と呼ばれる小型のチョウたちが飛び交う。ゼフィルスは、シジミチョウのうちミドリシジミの仲間の愛称。国内に25種いるが、三草山には10種がいる。生息には幼虫の餌となるクヌギ、コナラ、ナラガシワの存在が欠かせない。

 そこでトラスト協会は1992~93年、約14ヘクタールの土地を借りて地上権を設定し、森を守っている…

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1347文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです