メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

マルクス主義 なぜ東アジアに? 作家・同志社大神学部客員教授 佐藤優氏

佐藤優氏

独裁の正当化に利用

 今年はカール・マルクス=1=生誕200年。東欧民主化(1989年~)やソ連崩壊(91年)で多くの国がマルクス主義の看板を下ろし、残るは中国、北朝鮮、ベトナムなど、キューバ以外は東アジアばかりだ。なぜ残ったのか? 今後は? 国際情勢とマルクスの両方に一家言ある、作家で同志社大神学部客員教授の佐藤優さん(58)に聞いた。【聞き手・鈴木英生】

--なぜ、第三世界で一時期、社会主義政権が広まったのでしょう?

この記事は有料記事です。

残り2865文字(全文3075文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. イチロー、華麗な守備は健在
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  5. クックパッドニュース 本当にむね肉!?しっとりジューシーな「蒸し鶏」がフライパンで簡単にできた!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです