メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

マルクス主義 なぜ東アジアに? 作家・同志社大神学部客員教授 佐藤優氏

佐藤優氏

独裁の正当化に利用

 今年はカール・マルクス=1=生誕200年。東欧民主化(1989年~)やソ連崩壊(91年)で多くの国がマルクス主義の看板を下ろし、残るは中国、北朝鮮、ベトナムなど、キューバ以外は東アジアばかりだ。なぜ残ったのか? 今後は? 国際情勢とマルクスの両方に一家言ある、作家で同志社大神学部客員教授の佐藤優さん(58)に聞いた。【聞き手・鈴木英生】

--なぜ、第三世界で一時期、社会主義政権が広まったのでしょう?

この記事は有料記事です。

残り2865文字(全文3075文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです