連載

年金質問箱

年金制度について、読者からのさまざまな疑問に、年金問題研究会代表の秋津和人さんが答えます。隔週月曜日更新。

連載一覧

年金質問箱

Q 受給開始を遅らせるか悩む=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
繰り下げ請求のさまざまなパターン
繰り下げ請求のさまざまなパターン

 60歳から継続雇用で働いている男性会社員です。来月65歳になりますが、1年契約で最長70歳になるまで継続雇用を延長できます。現在、厚生年金を受給中ですが、65歳からの年金は別で、受給開始を遅らせれば増額になると説明を受けました。そこで65歳から年金をどうするか悩んでいます。遅らせるにしても選択肢がいろいろあるようです。2歳年下の妻は結婚以来専業主婦ですが、パートで月収8万円程度あります。

A 65歳からの年金の受給開始を遅らせて増額で受け取ることを繰り下げ受給といいます。生年月日により65歳前に特別支給の老齢厚生年金が支給される人がいますが、65歳になるまでは経過措置なので増額はありません。経過措置の老齢厚生年金を受給していても65歳以降の本来の厚生年金を繰り下げることはできます。

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文928文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集