メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

手話使い映画、可能性に気づく=耳の聞こえない映画監督・今井ミカさん

今井ミカさん

 私は生まれつき、耳が聞こえません。群馬県立ろう学校に幼稚部から高等部まで通いました。同級生との話題は前日に見たテレビ番組。盛り上がり方は耳の聞こえる子どもたちと違ったと思います。私たちはキャラクターの動きの特徴を覚えておいて、教室で番組の内容を想像し合いました。アクション系の映画は楽しむことができましたが、会話が中心となる映画や番組は、楽しむことを諦めるという気持ちがありました。

 小学部6年の時、ろう者の父が買ってきたビデオカメラが、環境を変えようと思うきっかけになりました。登…

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文937文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. 政府、除染土11袋の流出を確認 台風19号被害の福島・田村と飯舘村

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです