メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

家事支援 言葉・文化の壁越え

日本製家電の扱いも手慣れたもの。アイロンでワイシャツのシワを丁寧に伸ばすレイアさん

 <くらしナビ ライフスタイル>

 国家戦略特区制度で解禁されたことを受け、昨年から始まった外国人による家事支援サービス。言葉や文化の壁を越え、異国で働く「お手伝いさん」の働きぶりを見た。

 ●室内清掃など依頼

 東京都板橋区にある記者の自宅マンション。久しく使っていないアイロンをクローゼットから“発掘”し、部屋の入り口に掃除機と並べて置く。定刻通りに訪ねてきたのは介護大手「ニチイ学館」(東京都千代田区)のフィリピン人女性スタッフ、レイアさん(38)とバージーさん(29)。2月に故郷を離れ、言葉も文化も異なる日本で働く。

 「よろしくお願いします」。日本語であいさつした2人は玄関で靴をきれいにそろえて室内へ。「お邪魔しま…

この記事は有料記事です。

残り1859文字(全文2169文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです