メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

図書館民間委託、悩む自治体 サービスの質に課題

カフェのような家具が配置された土浦市立図書館=茨城県土浦市大和町で2018年7月24日、大場あい撮影

 <kyoiku no mado>

 公共図書館はどうあるべきか。指定管理者制度に基づき運営を民間委託する自治体が増える中、茨城県守谷市は民間に委託していた市立図書館を来年度から直営に戻す方針を決めた。一方、昨年11月、駅前再開発ビルに開館した同県土浦市立図書館は窓口業務など一部だけを民間に委託し集客に成功した。理想の図書館を模索する自治体の動きを取材した。【安味伸一、大場あい】

この記事は有料記事です。

残り2167文字(全文2357文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. ORICON NEWS [ガンプラビフォーアフター]創造力が生んだFAガンダム、「プラモ狂四郎」が果たした“ガンプラ脳変革”
  3. わいせつ行為 児童9人に 小学教諭を懲戒免職に 県教委 /長崎
  4. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  5. 戒告処分 相談軽視の発言 長崎市立中の女性教諭 /長崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです