メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・それホント?

「ノケジョ」農業系学部に続々 科学を“食”に生かす

農業系学部の女子学生数と割合

 大学で農業系の学部を志望する女子が増加している。学部を新設する大学も相次いでおり、「ノケジョ」(農学系女子)なる言葉もあるという。

 夏の日差しを浴びて、日傘を手にサンダル姿の女子学生が歩く。大津市の龍谷大学瀬田キャンパス。琵琶湖からほど近い23万平方メートルの敷地は緑に囲まれ、理工学部と社会学部、農学部の学生が学ぶ。農学部は2015年、国内の大学では35年ぶりに新設されたばかり。背景にはノケジョ人気の高まりもあるという。

 顕微鏡が並ぶ研究室に、白衣を着た4年生の林采香(あやか)さん(23)の姿があった。農学部の1期生。栽培技術を学ぶ資源生物科学科で、病害虫「線虫」を研究している。兵庫県西宮市出身。周囲に農家はなかったが、小学校のころから自然に触れることが好きで、栽培に携わりたいと進学した。

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです