特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-深浦康市九段 第4局の4

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

意表を突く妙技

 盤側で観戦中、筆者は恥ずかしながら図の局面では[先]5五歩と金を取るものだとばかり思っていた。しかし、図から[先]5五歩は[後]1二角と[後]2三角の弱点をカバーしながら先手玉をにらむ遠見の角の好手がある。以下[先]2五金なら[後]2九飛[先]3四金[後]同角と進められ先手玉は大駒2枚ににらまれて怖い格好だ。先手の優位が吹き飛んでしまう。

 取れる金を取らずに[先]2三歩と角取りに打った手が好手。どうせならと飛車角両取りになる[先]2三銀は悪手である。何故かは深浦の感想を聞けば分かる。「[先]2三歩と打たれた局面で[後]2四飛でしたか?」と深浦。以下[先]2二歩成[後]同飛[先]5五歩[後]2九飛成という順で勝負する手も考えたというくらいだから、図から[先]2三銀は[後]2四飛で先手が大損となってしまうのだ。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文779文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集