メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

世界選手権 桃田が日本男子初の金

ナガマツ金 永原・松本、女子複/ソノカム銀 園田・嘉村、男子複/フクヒロ銀 福島・広田、2大会連続

 【南京・共同】バドミントンの世界選手権最終日は5日、中国の南京で各種目の決勝が行われ、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は世界ランキング3位の石宇奇(中国)に2-0(21-11、21-13)で快勝し、日本男子として五輪、世界選手権を通じて初の金メダルを獲得した。

 女子ダブルスは初出場の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が前回2位の福島由紀、広田彩花組(岐阜トリ…

この記事は有料記事です。

残り1465文字(全文1699文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 最新鋭マシンか伝統の技か 開票どちらが早く正確か 近づく参院選本番
  5. がん検診誤通知で女性死亡 「要精密検査」を「異常認めず」と 岐阜市

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです