特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第100回全国高校野球

岡山・創志学園エース、西投手 野球できて幸せ 被災者と亡き父に健闘誓う

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第100回全国高校野球選手権記念大会の開会式で堂々と入場行進する創志学園の西純矢選手(手前から2人目)=阪神甲子園球場で2018年8月5日、猪飼健史撮影
第100回全国高校野球選手権記念大会の開会式で堂々と入場行進する創志学園の西純矢選手(手前から2人目)=阪神甲子園球場で2018年8月5日、猪飼健史撮影

 5日に開幕した第100回全国高校野球選手権記念大会の開会式で、創志学園(岡山)のエース・西純矢投手(2年)=写真手前中央・渡部直樹撮影=は「西日本豪雨の被災地に元気を」との思いを胸に入場行進した。岡山で犠牲者が出ており、広島の友人の家も被害に遭った。昨年10月には父雅和さん(当時45歳)が病気で他界している。「生きて野球ができることに感謝して、精いっぱいのプレーをする」。自分に誓い、初戦に臨む。

 激しい雨が降り出した7月6日夕。西投手ら野球部員は岡山市内の室内練習場で打撃練習などに励んでいた。ダンダンダンダン--。屋根に当たる猛烈な雨音は今まで聞いたことがなかった。

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文744文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る