メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目をそらさないで

「外国人のリアル」編 第2部 砂上の労働者/4 何でも「ガマン」の生活 過大な天引きも

ホンさんたちが生活する9人部屋の寮。1部屋に2段ベッドが三つ並び、床の上に3人分の布団が敷かれていた=ホンさん提供

 岐阜県大垣市で働くベトナム人技能実習生、チュン・チィ・ホンさん(24)が暮らす9人部屋を外からだけでも見たい。私は縫製工場に向かった。寮は工場の2階にある。「社長に気づかれないで」とホンさんに念を押され建物の前を何度か歩いて通り過ぎた。1階からミシンの音が聞こえ、2階を見上げると窓越しに2段ベッドが見えた。思ったより狭い。

 そうか--。ホンさんが撮った部屋には人が映っていない。実際は共用の台所と寝室だけで9人の大人が生活している。自分の空間はベッドの上だけという3年間を想像し、胸が苦しくなった。

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1176文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです