メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

被災地にボランティア 震災被災者の姿も

床下の泥水をかき出して掃除するボランティアの内田正寿さん(左奥)ら=愛媛県大洲市で2018年8月5日、花澤葵撮影

 西日本豪雨から6日で1カ月を迎える。土砂崩れや河川氾濫などで甚大な被害に見舞われた愛媛県内の被災地には、これまでに2万人を超えるボランティアが入った。5日も全国から集まった人たちが作業に当たり、東日本大震災の被災者の姿も見られた。被災各地では1カ月で泥のかき出しなど一定の作業は進んだが、今後は新たな需要も見込まれ、継続的な支援が求められている。

 西予市野村町野村には、福島県楢葉町出身で東京・国士舘大3年の松本巽さん(20)が大学の仲間たち約4…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文676文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. Hey! Say! JUMP有岡さん「アイドル界の池上彰さん目指す」 新連載で
  3. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 女子中学生を2年監禁 寺内被告に懲役12年 東京高裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです