広島原爆の日

父の悲しみ、語り継ぐ「伸ちゃんの三輪車」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
原爆資料館に展示されている伸ちゃんの三輪車。多くの来館者が足を止め、説明文を読んで涙する人もいる=広島市中区で2018年8月1日、山田尚弘撮影
原爆資料館に展示されている伸ちゃんの三輪車。多くの来館者が足を止め、説明文を読んで涙する人もいる=広島市中区で2018年8月1日、山田尚弘撮影

 73年前の8月6日、人類史上初めて原爆が投下された広島は、一瞬にして街が、人の営みが消えた。最愛の家族を失った悲しみを胸にしまい、あの日を語らなかった人。水を求める負傷者を助けられず生涯悔やみ続けた人--。被爆者が次々と世を去る中、その姿を見てきた2世や次世代の子供たちは託された思いを受け継ぎ、核兵器のない世界に向けて一歩を踏み出すと誓った。

この記事は有料記事です。

残り1208文字(全文1381文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集