特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球

逆転に次ぐ逆転 高知商が山梨学院破る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【山梨学院-高知商】三回裏高知商2死二塁、藤高が右越え2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月6日、津村豊和撮影
【山梨学院-高知商】三回裏高知商2死二塁、藤高が右越え2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月6日、津村豊和撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会は第2日の6日、阪神甲子園球場で1回戦4試合。第1試合は山梨学院(山梨)と高知商(高知)が対戦、高知商が14-12で山梨学院を降し、2回戦に進出した。高知商は三回、4番・藤高の今大会第1号となる2点本塁打で勝ち越しに成功。四回には乗松にも一発が飛び出すなど4点を挙げリードを広げた。五回、七回に2度逆転を許したが、打線が奮起。白熱のシーソーゲームを制した。エース北代は山梨学院打線に12失点と打ち込まれたが最後まで投げ抜いた。

 〇高知商(高知)14-12山梨学院(山梨)●(6日・阪神甲子園球場、1回戦)

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文850文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る