杉田議員寄稿

LGBTなど抗議活動 渋谷駅前に数百人

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が、LGBTなどの性的少数者は「子どもを作らない、つまり『生産性がない』」などと月刊誌「新潮45」に寄稿した問題で、東京都渋谷区の渋谷駅前で5日、当事者らによる抗議活動が行われた。ツイッターなどの呼び掛けで数百人が集まり、「生産性で差別をするな」などさまざまなプラカードを掲げながら、マイクを握る当事者らのスピーチに耳を傾けた。

 レズビアンの鈴木南十星(なとせ)さん(22)は、性の多様性を表すレインボーカラーの旗を手に「日本に差別がなかったら、私はここに立っていない。日本には差別があります」とスピーチ。「少しでも社会を変える手助けをしてほしい。私たちで変えましょう」と通行人にも訴えかけた。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文555文字)

あわせて読みたい

ニュース特集