メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

あるじ亡き家 泥まみれ、片付かぬまま 真備

放置されたままの三宅衣子さん宅=岡山県倉敷市真備町地区で2018年8月4日、三村政司撮影

 西日本豪雨で広範囲が浸水した岡山県倉敷市真備(まび)町地区では、復興が進む一方、取り残されたように泥まみれの家もある。一家全員が亡くなり、水没した家屋の片付けが進まないためだ。豪雨の爪痕をそのままに、1カ月が過ぎようとしている。

 真備町有井(ありい)の集落に、あるじを失った平屋建て住宅がある。流れてきたとみられる角材が屋根に乗り、窓は土ぼこりをかぶる。棚が倒れたままの室内は清掃が済んだ様子もなく、裏庭の畑もごみが散乱し、「あの日」から時が止まったままだ。

 近隣住人らによると、この家には三宅衣子さん(77)が長男宏明さん(49)と2人で住んでいた。畑でイ…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文825文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏支持へ
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 国立病院機構 大分医療センターで死亡した女性遺族が提訴
  4. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  5. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです