メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

「死亡」「不明」…息子夫婦「再会」いつ 

仏壇の前で保手浜雅洋さん、美由紀さんへの思いを語る母。手に持つのは雅洋さんが作ったプラモデル=広島県竹原市で2018年8月3日、木原真希撮影

 西日本豪雨は、大切な家族や仲間の命を一瞬にして奪い去った。最初の大雨特別警報が出てから6日で1カ月が過ぎたが、いまだ行方が分からない被災者もいる。各地の山肌には土砂崩れの爪痕が残り、災害ごみが積み上がる学校もある。

 「毎日仏壇でお願いしよるんです。『美由紀さん、雅洋(まさひろ)を見つけて』と」。母は言葉を詰まらせた。東広島市の沼田(ぬた)川沿いで、車ごと流された保手浜(ほてはま)雅洋さん(43)、美由紀さん(28)夫妻。妻は遺体で見つかり、夫の行方は今も分かっていない。

 市東部の山あいにある河内町地区。7月6日午後6時半ごろ、夫妻は外食しようと車で外出した。午後9時ご…

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです