メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カメラを止めるな!

低予算ゾンビ映画が異例の大ヒット SNSで広がった背景に猛暑?

映画「カメラを止めるな!」のワンシーン=(C)ENBUゼミナール

 約300万円で製作された日本映画「カメラを止めるな!」が異例の大ヒットを記録している。上田慎一郎監督(34)にとって初の劇場用長編映画(96分)で、出演俳優はほとんど無名。6月に東京都内のミニシアター2館で上映されると、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)による「口コミ」で急激に広がり、9月にかけて北海道から鹿児島まで全国124館 で上映されることが決まった。デジタルマーケティング会社 「スパイスボックス」(東京都港区)の協力でSNSでの拡散を分析し、異例の現象の背景を探った。【大村健一/統合デジタル取材センター】

 「カメラを止めるな!」は6日に発表された4~5日の映画興行収入ランキング(興行通信社調べ)でも、初…

この記事は有料記事です。

残り2615文字(全文2932文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  4. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁
  5. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです