メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍

GPS端末制限 位置情報の漏えい懸念

 【ワシントン共同】米国防総省は6日、世界各地の米軍基地に所属する要員らに対し、全地球測位システム(GPS)を使いランニングなどの運動データを計測するウエアラブル端末などの使用を制限したと明らかにした。米軍の活動拠点を含む重要情報が漏えいし、過激派などに悪用される危険性が指摘されていた。

 国防総省は声明で、GPSを利用した近年の技術進歩により「世界で展開する米国の軍事活動に重大…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  2. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  3. ORICON NEWS 『大家さんと僕』舞台のアパートで福山雅治が映画撮影 矢部太郎も郵便局員役で出演

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 大阪・吹田市で70代夫婦が死亡 無理心中か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです