メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンドに迫る

真夏のバレエ・ガラ祭り 舞踊界の潮流を一望

「ブライト・ステップ」よりジプシー・ダンスを踊る菅井円加(左)と西島勇人=7月30日、写真家・鹿摩隆司撮影

 3年に1度、欧米の花形ダンサーが一堂に会する「世界バレエフェスティバル」が、東京文化会館で開幕した。第15回という節目。初回には英国のマーゴ・フォンティンやソ連(当時)のマイヤ・プリセツカヤら各国の至宝が前代未聞のそろい踏みを果たし、世界のバレエファンを驚嘆させた。それから42年。この祭典に倣ったガラ(「祝祭」の意)形式の公演があまた開かれ、日本の夏の風物詩ともなっている。なぜ猛暑の島国にスターが集結し、「真夏のバレエ・ガラ祭り」の様相を呈しているのだろうか。

 「バレエ界の五輪」と称されるこのフェスティバルを企画したのは、日本舞台芸術振興会の創設者、佐々木忠…

この記事は有料記事です。

残り1558文字(全文1841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです