メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

Tsundoku=小国綾子

米国などでベストセラーとなった絵本「翻訳できない世界のことば」にも、日本語の「TSUNDOKU(積ん読)」が紹介されている=小国綾子撮影

 「積ん読」という日本語の絶妙な言い回しが、「Tsundoku」として英BBCのウェブサイトの記事(7月30日付)に紹介され、話題になっている。

 記事では「積ん読」の定義や由来を説明し、似た英単語「ビブリオマニア(蔵書癖)」とも比較。それによると「ビブリオマニア」は本のコレクションを作るのが目的で本を買い集めるが、「積ん読」は逆に本を読む目的で買い集め、結果的にコレクションができちゃうこと、なんだそうな。

 今は読めないけど見えるところに積んで、「いつか読むぞ」と思うこの感じ。言い表す英単語はなくても思い…

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文963文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  2. 「諦めない」若者も抗議の声 土砂投入一夜明け
  3. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  4. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  5. 仏大統領「譲歩」後、初のデモ 事態収束は不透明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです