メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

ブラッド・バード監督 自分が楽しい作品を 「インクレディブル・ファミリー」

「インクレディブル・ファミリー」のキャラクターの人形を手にするブラッド・バード監督

 面白い映画を撮る人は、やることも面白い。カメラを向けてポーズを頼んだら、「じゃ、これで」といきなりソファで寝たふりを始めた。

     ■  ■

 米アカデミー賞長編アニメーション映画賞を受賞した「Mr.インクレディブル」(2004年)の続編「インクレディブル・ファミリー」が公開中だ。超人的な力で人々を危機から救うスーパーヒーローのお父さん、ボブが主人公。今作では、ボブは力の発揮を禁じられ、妻が代わりに暴走列車を停止させたり、要人をテロから救ったりする。妻不在の家で、ボブが育児と家事で疲労困憊(こんぱい)する姿は「笑いどころ」の一つだが、全体として「男女の役割の固定化」に疑問を投げかけ、女性の社会進出を応援しているようにも見える。

 「時代を反映したストーリーですね」と伝えると、「よくそう指摘されるけど、この筋書きは第1作を作った…

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文988文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  3. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  4. 所持金は10万円 拳銃に実弾1発発射の痕跡 拳銃強奪
  5. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです