メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1979年春、「将軍 SH〓GUN」のロケセット責任者に任命された馬場正男は、部下1人を連れて三重・紀伊長島に乗り込んだ。現場は人里離れ、山が迫る海沿いの土地。パラマウントはヘリコプターで探索しこの地を見つけたという。7月の撮影までに、ここに17世紀の伊豆・網代と大坂の二つの街並みを、無から築く。

 作業はまず、幹線道路からロケ地の海岸まで、機材と人を運ぶための道を造ることから始まった。そして現地の地形を丸ごと変える。「京都から連れてった業者と、現地の植木や土木も頼んで。木を伐採して道と崖とを整地して、そこからセットを組んだ」

 網代と大坂の街並みは、同じ海岸に隣接して造った。図面では建物が大小合わせて20軒ほど、海に突き出す…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文738文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです