メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

渡り鳥と少年の冒険物語 谷津干潟舞台の絵本 /千葉

 シベリアから習志野市の谷津干潟に飛来する渡り鳥メダイチドリを描いた絵本「プロペラちどり」(フレーベル館)が出版された。ロシア人の少年ミーシャが手製の飛行機でメダイチドリとともに旅をする物語で、作者のU-suke(ゆうすけ)さん(47)は「絵本を持って実際に谷津干潟を訪れてほしい」と話している。

 U-sukeさんは市立習志野高校を卒業し、同市商工会議所に11年間勤めた。その後、オーストラリアでイラストを学び、現在は絵本作家として、「ザキはん」(扶桑社)など2冊の絵本を出版している。

 谷津干潟は約40ヘクタールで、シベリアやアラスカと、オーストラリアや東南アジアを行き来する渡り鳥の…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文721文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです