メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

渡り鳥と少年の冒険物語 谷津干潟舞台の絵本 /千葉

 シベリアから習志野市の谷津干潟に飛来する渡り鳥メダイチドリを描いた絵本「プロペラちどり」(フレーベル館)が出版された。ロシア人の少年ミーシャが手製の飛行機でメダイチドリとともに旅をする物語で、作者のU-suke(ゆうすけ)さん(47)は「絵本を持って実際に谷津干潟を訪れてほしい」と話している。

 U-sukeさんは市立習志野高校を卒業し、同市商工会議所に11年間勤めた。その後、オーストラリアでイラストを学び、現在は絵本作家として、「ザキはん」(扶桑社)など2冊の絵本を出版している。

 谷津干潟は約40ヘクタールで、シベリアやアラスカと、オーストラリアや東南アジアを行き来する渡り鳥の…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文721文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです