メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

8月5日“ハチゴロウ”の思い出語る 豊岡に02年飛来、野生復帰の原点 /兵庫

資料を見ながら「ハチゴロウ」の思い出を参加者が語り合った=兵庫県豊岡市で、高田房二郎撮影

 2002年8月に豊岡市に飛来した野生のコウノトリ「ハチゴロウ」をしのぶ会が5日、同市城崎町今津の市立ハチゴロウの戸島湿地であり、市民ら10人が思い出を語り合った。

 「ハチゴロウ」は大陸から渡ってきた雄のコウノトリで、飛来した8月5日にちなんで愛称が付けられた。日本の空から野生のコウノトリの姿が消え…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文317文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです