メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者有情

太鼓と原爆 /福岡

 「小倉祇園太鼓には2度の消滅の危機がありました」。先月の小倉での子供向け太鼓教室で太鼓保存振興会が説明した。幕末の長州藩との戦争と、1945年8月9日の長崎原爆だ。

 1度目は山ほこなど飾り物は失われたが太鼓は残った。だが長崎原爆が第1目標の小倉に落とされていたら、祭りの担い手の大半が亡くなっていた…

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文314文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  5. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです