メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者有情

太鼓と原爆 /福岡

 「小倉祇園太鼓には2度の消滅の危機がありました」。先月の小倉での子供向け太鼓教室で太鼓保存振興会が説明した。幕末の長州藩との戦争と、1945年8月9日の長崎原爆だ。

 1度目は山ほこなど飾り物は失われたが太鼓は残った。だが長崎原爆が第1目標の小倉に落とされていたら、祭りの担い手の大半が亡くなっていた…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 奈良の6人死亡バイク事故 死亡した少年1人を書類送検へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです