メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発賠償

見直せず 引き上げ財源、負担先送り 政府・電力業界・保険会社

 原発事故に備えた賠償制度の見直しで政府は6日、電力会社に保険加入などで用意を義務付けている賠償措置額(原発ごとに現行最大1200億円)について、引き上げを見送る方針を表明した。東京電力福島第1原発事故を踏まえ、必要な賠償額の確保のため内閣府原子力委員会の専門部会で検討してきたが、電力会社、保険会社などと引き上げ手法の調整がつかず、議論を先送りした。【岡田英】

 現行の賠償制度の一部である政府補償の契約期限が来年末に切れるため、原子力損害賠償法を所管する文部科…

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1252文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 園児をトイレに閉じ込め 東京・足立の認可保育園で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです