メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核軍縮

見通せぬ世界の行方 「橋渡し役」日本、動きとれず

 日本政府は唯一の戦争被爆国として核兵器廃絶に向け、核兵器保有国と非保有国との橋渡し役を務めると強調してきたが、具体的な動きは鈍いままだ。北朝鮮の核・ミサイルの脅威を前に米国の「核の傘」に依存せざるを得ない事情を優先してきた。また、トランプ米政権は核兵器使用のハードルを下げる方向に政策を転換。広島への原爆投下から6日で73年を迎える中、核軍縮の行方も不透明感を増している。【光田宗義】

 安倍晋三首相は6日、広島市での記者会見で「各国の立場の違いが顕在化する中、核兵器国と非核兵器国の橋渡し役として信頼関係の再構築を目指し、現実的なアプローチで国際社会の取り組みをリードしたい」と語った。核兵器禁止条約の国連採択(昨年7月)を機に広がった溝を埋める役割を強調したが、その溝が埋まる気配はない。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文931文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  3. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです