メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核軍縮

見通せぬ世界の行方 「橋渡し役」日本、動きとれず

 日本政府は唯一の戦争被爆国として核兵器廃絶に向け、核兵器保有国と非保有国との橋渡し役を務めると強調してきたが、具体的な動きは鈍いままだ。北朝鮮の核・ミサイルの脅威を前に米国の「核の傘」に依存せざるを得ない事情を優先してきた。また、トランプ米政権は核兵器使用のハードルを下げる方向に政策を転換。広島への原爆投下から6日で73年を迎える中、核軍縮の行方も不透明感を増している。【光田宗義】

 安倍晋三首相は6日、広島市での記者会見で「各国の立場の違いが顕在化する中、核兵器国と非核兵器国の橋…

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文931文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕 

  2. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです