メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

東京医科大 入試の得点操作 合格率に男女差、他大も 医療への志、女性阻む壁

 文部科学省を巡る汚職事件で、文科省前局長の息子を一般入試で不正合格させたとされる東京医科大学が、女子の得点を一律に減点したり、男子に加点したりしていた疑いが浮上した。男性医師の育成を重視する「女性差別」は、医学界では常識なのか。他大学や医療現場、海外の現状を探った。

 男女共学の私立大学医学部は全国に30校ある。そのうち2018年度一般入試(一部に17年度を含む)の受験者数、最終合格者数の男女比が明らかになっている13大学は、全て男子の合格者数の方が多い。受験者と合格者の男女比を見ても、女子の合格者の割合が受験者より同じか増えているのは4大学にとどまり、9大学は男子の割合が伸びていた。

 女子の割合の減少が顕著だったのは、東京医科大と聖マリアンナ医科大など。逆に金沢医科大、杏林大では増…

この記事は有料記事です。

残り2720文字(全文3066文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 小嶺麗奈容疑者、過去に薬物撲滅のCM出演 大麻取締法違反容疑で逮捕
  3. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  4. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  5. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです