メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

カジノ実施法成立 地域の振興をもたらすのか=論説副委員長・及川正也

大阪・夢洲に開発を目指すIR施設のイメージ=日本MGMリゾーツ提供

毎日・効果には疑問/読売・精査が必要だ/産経・IRは有効な施設

 米国西部の広大な砂漠の一角に広がるネバダ州の最大都市ラスベガス。かつては鉄道駅のある小さな町だったが、1929年の大恐慌後、近郊で始まったフーバーダム建設で労働者が流入したことなどを機に賭博が認められた。40年代にカジノ化が一気に進むと国内外から観光客が押し寄せ、「カジノの都」へと変貌を遂げた。

 カジノ、ホテル、結婚式、ショービジネス、グランドキャニオンなどの名所観光、国際会議、大統領選候補者…

この記事は有料記事です。

残り2194文字(全文2424文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです