メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

被爆者の遺骨発掘に同行して 今に続く原爆の事実=寺岡俊(広島支局)

似島で遺骨の発掘調査を行う嘉陽礼文さん=広島市南区で4月23日、山崎一輝撮影

 広島は6日、73回目の原爆の日を迎えた。私は2年前から2度目の広島勤務となり、原爆をテーマに取材を続けている。今年、原爆投下は過去のことではないと実感する出来事があった。原爆による多数の負傷者が運ばれた広島港沖の似島(にのしま)(広島市南区)で、14年ぶりに被爆者の遺骨が見つかったのだ。大学院生の発掘調査に私も立ち会い、73年ぶりに地中から出てきた骨を手に取り、命が絶たれたことを肌で感じた。昨年から米朝間で核兵器を巡る緊迫したやりとりが続いている。世界の核状況は一進一退を繰り返しているが、私は被爆地の記者として核兵器使用の結末を伝え続けたい。

この記事は有料記事です。

残り1768文字(全文2043文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 男逃走

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 「交際相手と宿泊は」「妊娠は」ひとり親手当をもらうために、詮索されるプライバシー

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです