メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチンのロシア

「グルジア紛争」10年/1 勢力拡大、信義は失墜 強硬戦術、先見えず

アブハジアとジョージアの境界の橋では行き来する人や車両が見られた。手前がアブハジアで、ロシアの国境警備隊が控えていたが、撮影は許されなかった=アブハジア東部ガリで7月25日

 気温が40度近くまで上がる中、膨れ上がった荷物を手にした一家が徒歩で「国境」の橋を渡っていく。橋の手前にある検問所にはジョージア(グルジア)からの分離独立を目指すアブハジアの国境警備隊が詰めているが、橋により近づいた「国境」付近にはロシア兵が控えていた。アブハジアの人々が頻繁に口にする一言が現実の光景として見えてきた。「ロシア軍が我々を守ってくれている」

 2008年8月にジョージアと軍事衝突した後のロシアは、アブハジアだけではなく、ジョージア領内のもう…

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1468文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです