特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-深浦康市九段 第4局の5

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

怖いけど余せそう

 局後に深浦が「[後]9五桂の方がよかったですか?」と悔やんだのが、図の局面だった。感想戦で最初に並べられたのは[後]9五桂[先]5六香[後]7五桂という順で、先手にとってうるさい攻めだ。「これは嫌ですね」と佐藤。

 続いて並べられたのは[後]9五桂[先]8四銀不成[後]8七桂成[先]同玉[後]7五桂[先]同銀[後]同歩[先]4六桂[後]4五角という変化で、「これも大変ですかね。勝てる気もしないですね。変ですか」と佐藤は言う。「本譜はちょっと足りなくなってしまったんで、こちらを選ぶべきでした」と深浦は振り返った。

 本譜は突き捨てから[後]7五桂の犠打で角の利きを通し、[後]8七銀の王手で迫ったが「[先]6八玉とかわされて後手の攻めが足りないでしょう」というのが検討陣の見立て。後手が苦しい形勢だ。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文791文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集