メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-深浦康市九段 第4局の5

怖いけど余せそう

 局後に深浦が「[後]9五桂の方がよかったですか?」と悔やんだのが、図の局面だった。感想戦で最初に並べられたのは[後]9五桂[先]5六香[後]7五桂という順で、先手にとってうるさい攻めだ。「これは嫌ですね」と佐藤。

 続いて並べられたのは[後]9五桂[先]8四銀不成[後]8七桂成[先]同玉[後]7五桂[先]同銀[後]同歩[先]4六桂[後]4五角という変化で、「これも大変ですかね。勝てる気もしないですね。変ですか」と佐藤は言う。「本譜はちょっと足りなくなってしまったんで、こちらを選ぶべきでした」と深浦は振り返った。

 本譜は突き捨てから[後]7五桂の犠打で角の利きを通し、[後]8七銀の王手で迫ったが「[先]6八玉と…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです