メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士山再生キャンペーン

河口湖音楽祭2018 11日開幕 あふれる音楽愛感じて サクソフォン演奏家・上野耕平さん

アルトサックスを手にする上野耕平さん=毎日新聞社東京本社で7月25日、山田茂雄撮影

 富士山麓(さんろく)の音楽の祭典「富士山河口湖音楽祭2018」(実行委主催、毎日新聞社など後援)が河口湖ステラシアター(山梨県富士河口湖町)を主会場に8月11日から開幕する。今年で17回目。フィナーレの19日は作曲家・編曲家として人気の宮川彬良さんがシエナ・ウインド・オーケストラを指揮し、ザ・ピーナッツの名曲などを披露する。若手のサクソフォン演奏家として活躍する上野耕平さんも12日には、ぱんだウインドオーケストラのコンサートマスター、13日にはソリストとして出演する。上野さんに音楽祭に寄せる思いを聞いた。【聞き手・七井辰男】

この記事は有料記事です。

残り1814文字(全文2080文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです