メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士山再生キャンペーン

河口湖音楽祭2018 11日開幕 あふれる音楽愛感じて サクソフォン演奏家・上野耕平さん

アルトサックスを手にする上野耕平さん=毎日新聞社東京本社で7月25日、山田茂雄撮影

 富士山麓(さんろく)の音楽の祭典「富士山河口湖音楽祭2018」(実行委主催、毎日新聞社など後援)が河口湖ステラシアター(山梨県富士河口湖町)を主会場に8月11日から開幕する。今年で17回目。フィナーレの19日は作曲家・編曲家として人気の宮川彬良さんがシエナ・ウインド・オーケストラを指揮し、ザ・ピーナッツの名曲などを披露する。若手のサクソフォン演奏家として活躍する上野耕平さんも12日には、ぱんだウインドオーケストラのコンサートマスター、13日にはソリストとして出演する。上野さんに音楽祭に寄せる思いを聞いた。【聞き手・七井辰男】

この記事は有料記事です。

残り1814文字(全文2080文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  2. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「少年ジャンプ」が発売延期 編集部社員が新型コロナ感染 27日に「合併号」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです