メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

ひんやり おばんざい 薬味と酸味でさっぱり

「冷たいトマトのお浸し」=川平愛撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 猛暑が続けば食が細くなり、料理をする気もうせてしまう。こんな時は、火をなるべく使わず、さっぱりと食べやすいものを食卓に並べたい。京都の町家に暮らす料理研究家の杉本節子さんに、「夏のひんやりおばんざい」を教えてもらった。

 祇園祭が終われば、町のにぎわいが少し落ち着く。この時期の京都は盆地ならではのうだるような暑さだ。「ほかの土地とは暑さの質が違う。それでも、ナスに万願寺トウガラシと旬の地野菜をたっぷり味わえる楽しみがあります」と杉本さん。夏の風物詩、ハモもこの季節、湯引きしたものがスーパーに並び「梅酢やワサビじょうゆでさっぱりといただきます」。この町には、暑さをしのぐための食文化が生きている。

 今回、杉本さんに教えてもらったのは、野菜中心で手間いらずの3品。まずは、完熟のトマトを煮干しのだし…

この記事は有料記事です。

残り1616文字(全文1982文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです