メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

元三役、幕下からの再起

秋場所での十両昇進を決めた常幸龍(左)=藤田健志撮影

 大相撲名古屋場所(7月8~22日)は関脇・御嶽海が初優勝を飾った。一方で、一時は関脇、小結の三役を務めながらもけがに泣き、幕下まで落ちて再起を目指す力士もいる。無給で、時には付け人も務めるなど、十両以上の関取とは雲泥の差がある待遇に耐えながら土俵に上がり続ける力士たち。常幸龍(30)=木瀬部屋▽豊ノ島(35)=時津風部屋▽千代鳳(25)=九重部屋--の3人にスポットライトを当てた。【藤田健志、吉見裕都】

この記事は有料記事です。

残り1891文字(全文2095文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです