メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

世界選手権 桃田・ナガマツ「上へ」 金メダル帰国会見

金メダルを手に笑顔を見せる(左から)永原、桃田、松本

 バドミントンの世界選手権(中国・南京)で金メダル2個を含む史上最多6個のメダルを獲得した日本代表が6日帰国し、羽田空港で記者会見を行った。男子シングルスで日本選手初となる金メダルを獲得した桃田賢斗(NTT東日本)は「もっともっと上を目指して頑張っていきたい」と笑顔で話した。

 桃田は大会直前の練習で腹筋を痛めたこと…

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文314文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです